電話占いに依存気味になってしまったのでそこから脱却したいです

テレビをつけると毎日星座や血液型占いが流れ、雑誌を捲ると必ずといっていいほどコーナーが設けられているほど、占いというのは非常に身近な存在です。本格的に占い師に鑑定をしてもらいたいと思ったときにも、電話占いは自宅にいながらいつでもお願いすることができるために非常に手軽でしょう。

しかし、気軽に相談に乗ってもらうことができるからこそ、気がついたときには何をするにも占い師に頼ってしまうという依存状態に陥ってしまいかねません。

基本的に占いは楽しいもの

占いは楽しむためにあるものでなくてはなりません。辛いときにもいい未来を切り開くため、明るい気持ちになるために占ってもらいます。ですが、あくまでも自分の進む道を照らしてもらうためのもので、指示に従ってそのとおりに動けばいいというものではありませんし、占い師の言葉を鵜呑みにする必要もないのです。依存気味の人はそれが判らなくなってしまい、占い結果に強迫観念のようなものを感じてしまっています。
占いが人生を左右するものになってはいけません。最終的には自分の意思で行動することができるように自立心を持つようにしてください。

当たるも八卦当たらぬも八卦

未来は決まったものではありませんから、100%当たる占いなんてありません。ですが、依存してしまっているときには「そのとおりになる」という気持ちが強くなってしまいます。ですが、冷静になると違った結果になったことも多かったはずですし、占い師によってはどんな事象にも当てはまることを言い、さも的中させたように見せているケースも少なくないのです。
占いはその人の辿る道筋の可能性を視るものであって、決定事項ではありません。未来は不確定であることを思い出してください。

他に夢中になれるものを見つける

依存症になってしまったことを自覚したら、他に楽しいことを見つけて時間を費やすようにしましょう。趣味に没頭するのもいいですし、身体を動かすのでも何でもかまいません。占ってもらうために電話をかける時間を作らないように忙しく過ごしてみて、少し電話占いから頭を離すことが大切です。

どうしても依存から脱却できそうにないときには、思い切って電話占いサイトの登録を抹消し、サイトのブックマークも削除してしまいましょう。
最初は辛いでしょうが少しの間電話占いと距離を取るようにして、困ったことがあったら自らの力で打開するか他の人に相談に乗ってもらう努力をすることです。

電話占いlook@当たるランキング